宅建は独学で学べる|夢を諦めたくないあなたへ打ってつけ

男の人

300時間を勉強に使う

宅建を独学で勉強して資格を取得するには、300時間以上を勉強に割くことと、参考書選びが大切になります。参考書は、レベルに合わせて選び、図解形式や教科書形式ではなく、講義形式のものが内容が頭に入りやすいと言われています。

合格するための方法

勉強

テキスト選びが大切です

宅建とは宅地建物取引士の略称であり、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として設定された国家資格です。この宅建は就職や転職に有利な資格として常に上位に挙げられており、例年20万人以上が申し込んでいる、国内では人気がある資格の1つです。宅建は特に受験資格がないため、誰でも試験を受けられます。但し合格率は例年20%前後と決して易しい試験ではなく、しっかりとした受験対策が必要です。しかも宅建試験は年に1度しか実施されないため、計画的に勉強を進めることがとても重要です。宅建は受験資格が特にないため、独学で勉強をして合格を勝ち取ることも十分可能です。ただし独学にするならば、しっかりと計画を立てて、地道に勉強を続けることで合格に近づけます。独学で勉強するなら、まずは参考書と問題集選びから始めます。よく参考書を何冊も購入する人がいますが基本的には1冊で十分です。1冊の参考書を何回も繰り返して勉強することで、必要な知識が身につき理解が深まります。参考書はレベルに合ったものを選びましょう。初心者ならば入門書レベルの参考書を選び、丁寧な解説が書かれたものを購入します。問題集も1冊を100%解答できるまで、繰り返し解いてみることをおすすめします。また宅建では民法も出題されますが、これが実に難しいです。そのため民法に関しては、別に参考書を用意して学習を進めることをおすすめしますが、丁寧で分かりやすいテキストを購入しましょう。このように独学で宅建に合格するためには、テキスト選びからポイントを押さえましょう。

努力すれば取得可能

女の人

宅建は、独学で取得することが可能な資格です。取得までに必要な勉強時間の目安は100時間です。まず、概要を学び、宅建用語を頭に入れたら、過去問を解きましょう。間違えたら再度取り組み、過去問は100点をとれるくらいになれば、取得することは可能なのです。

費用をおさえて取得可能

模型

宅建は、不動産業界では常に需要がある男女ともに人気のある資格です。スクールに通う方法もありますが、きちんと勉強すれば独学でも取得可能です。受験料も7千円とお手頃なので、独学であればテキスト代と受験料のみで取得することが可能です。